知って得する!腸内環境を整える食べ物

果たして抗生物質と乳酸菌は一緒に摂取しても良いのか

私たちが病院に行きますと、しばしば抗生物質が処方されます。そしてその物質は、私たちの身体の中に生息している菌類に対して働きかけるのが特徴的ですね。その抗生物質を用いて、インフルエンザに対抗している方々もいらっしゃるでしょう。

 

抗生物質は乳酸菌を殺してしまうのか

 

ところで人によっては、抗生物質による乳酸菌への影響を懸念している事があります。前述のように抗生物質というのは、菌類に大きな影響を及ぼすものなのですが、それは乳酸菌に対しても効果を発揮するのではないかと考えている方もいらっしゃいます。

例えばお腹の環境整えるために、ヨーグルトなどを摂取したとします。ところが前述のように抗生物質は菌類に対して働きかける訳ですから、せっかくのヨーグルトが無意味になってしまうのではないかと心配な方もいらっしゃる訳ですね。

 

>>お肌の曲がり角はUターン【乳酸菌で昔の自分に】

 

副作用を防いでくれる乳酸菌と注意点

 

しかし、実はそれは誤解です。乳酸菌というのは、実は抗生物質による悪影響をセーブしてくれる働きがあるのですね。

 

そもそも抗生物質というのは、私たちにとってちょっとネガティブな働きもあります。薬というのは、ほとんど全てにおいて副作用がありますね。ところが乳酸菌は、その副作用をある程度防止してくれる働きが見込めるのです。実はヨーグルトと抗生物質は、同時に摂取をしても特に問題は無いとも言われています。

 

ただ気をつけた方が良いのは、やはり薬などの飲み合わせの問題ですね。一部のサプリは、実は抗生物質と拮抗してしまう事があるのだそうです。それで副作用が発生してしまう事もあるので、ちょっと注意を要しますね。
ですのでヨーグルトや乳酸菌サプリなどを摂取しているならば、病院にそれを告げるのが一番無難ですね。それで薬を処方してもらえば、何かネガティブな副作用なども回避できると考えられるでしょう。

乳酸菌の商品を考えている方は、たまに不安を覚えています。その不安の内容も非常に多彩なのですが、保管期間で悩んでいる方もたまに見られるのですね。
思えば乳酸菌が入っている製品は、数日間はどこかで保管する事もあるでしょう。いわゆるヨーグルトなどは、冷蔵庫で保管するケースがほとんどですね。
ところで保管期間が長いとなると、ちょっと心配な方も見られるのです。なぜなら余りにも日数が長すぎますと、菌類が減少してしまうと考えているからです。
実際に以前にも、ある質問投稿サイトにて、上記のような不安を覚えている方がいらっしゃいました。あるヨーグルトを購入する事お検討しているようなのですが、余り長く保管するのはまずいのではないかと思っていらっしゃるのです。長期間保管をしてしまいますと、日数の経過に伴って乳酸菌が死滅してしまうのではないかと考えていらっしゃるのですね。
ですので製品を購入したら、できるだけ早めに摂取する方が望ましいのか等と質問していらっしゃいました。つまり製品を購入したら直ぐに摂取するのが望ましく、余り日数が経過しない方が良いか否かの質問ですね。

 

賞味期限までに摂取すれば特に問題は無い

 

上記の方の質問に対する答えとしては、賞味期限が大きなポイントになります。基本的には、やはり期限に達する前に摂取するのが良いでしょう。
例えばヨーグルトを購入して、賞味期限が3月12日になっているとします。その場合は、もちろん3月12日までに飲むのが望ましいのですね。
そして、極力それを早めに摂取する方が良い一面はあります。つまり3月12日に到来する前に、摂取してしまう方が良い訳ですね。
基本的に乳酸菌は、やはり日数の経過に伴って減少する傾向はあります。ですので3月12日になる前の10日や8日などの段階で摂取する方が、それだけ多くの菌類をお腹に確保できる訳ですね。
ただし賞味期限が切れてしまっても、全く無駄になる訳ではありません。つまり14日や15日などに摂取しても、効果はゼロではないのです。確かに期限切れになると菌類は減少する事が多いのですが、そもそも菌類が死滅したところで、効果ゼロになるとは限らないのですね。
菌類が死滅してしまうと、ちょっと効果が薄れてしまう事はあります。しかし死滅した菌類でも一定の効果は見られる訳ですから、保管期間などに関しては、正直それほど深刻になる必要は無いでしょう。できれば早く摂取するのが望ましいのですが、必須でもない訳ですね。

 

続きを読む≫ 2015/10/29 01:01:29

お腹の調子が気になっている方々は、たまに洋服代を気にしています。というのもお腹が出てしまいますと、洋服のサイズの問題が浮上するのです。それで金銭的に困っていた方もいらっしゃるのですが、ラクテクトという乳酸菌でそれが解決された事例もあります。

 

お腹の出具合に伴う洋服代で悩んでいた

 

どういう事なのかと申しますと、ある方はお腹のぽっこり具合が気になっていたのですね。だんだんとお腹が出てくるようになってしまったので、それに合わせて新しい洋服の購入が必要になりました。
出典>皮膚炎、湿疹、乳酸菌

 

ところで洋服を購入するにしても、もちろん費用がかかります。お腹が出てくるにつれて、新たに洋服を購入しなければならなくなって、多くの費用がかかってしまっている状況だったのですね。

 

またお腹が出てしまえば、もちろん見た目に関する問題点もあります。客観的な見栄えも気になるので、何とかしてそれを解消したいと思っていた訳ですね。

 

サントリー社のサプリでだいぶ体型が変わった

 

それである時に、その方はそれを解消するための方法をインターネットで調べました。そして結局、サントリー社から販売されているラクテクトという乳酸菌のサプリに着目したのですね。なぜならそのサプリに対しては、痩身に関する口コミが色々投稿されています。それを服用したらだいぶ体型が変わってきたなどの口コミが多く見られたので、自分の問題点も解決されるのではないかと思いました。

 

それでラクテクトというサプリの服用を始めたのですが、その方の場合は大きな変化を感じたようですね。かなり体重が変わってきたのだそうです。肝心のお腹の出具合なども、以前に比べるとだいぶ良くなりました。もう以前のように体型を気にすることもなくなったので、とても喜んでいらっしゃったのですね。

 

そして前述の洋服代に関する問題点も、解消された訳です。体型が元に戻れば、それだけ洋服の買い足しなども不要になるからです。
ちなみにその方は、今でもそのサプリの服用を続けているようですね。服用を途中で中断してしまいますと、効果が薄れてしまう事が多いからです。体型維持のために、今なおそれを継続している訳です。

 

すなわち、それがサントリー社のラクテクトという乳酸菌サプリのメリットですね。上記の方のような悩みを抱えている方も多いと思いますが、その際はラクテクトを試してみると良いのではないでしょうか。
またラクテクトの中には、人間の腸内を保護してくれる物質も色々含まれています。痩身だけでなく、体調不良の予防効果のメリットも大きいですね。

続きを読む≫ 2015/08/20 23:56:20

皮膚の症状で悩んでいる方は、世間ではとても多いです。その皮膚の症状にも色々な種類があるのですが、その1つに乾癬と呼ばれる病気があります。皮膚の状態は、かなり独特ですね。皮膚が剥がれ落ちてしまうような症状なのです。

 

乾癬という病気に悩んでいる方々の人数は、それほど多くはありません。千人に1人ぐらいはその病気で悩んでいる状況だからです。
そして実際ある方も、その病気に悩んでいました。20年以上にわたって、感染の症状で苦しんでいらっしゃったようなのですね。それである時に、ネットで見つけたアシドフィルス菌のサプリで、それが改善されていたようなのです。

 

乾癬の改善の為にインターネットでサプリを購入

 

その方の場合は、特に便秘ではなかったようです。乳酸菌のサプリというのは便秘の改善の為に購入される事例が非常に多いのですが、その方の場合は皮膚の症状改善させる為に購入していたようですね。ですのでお腹の中と皮膚との間には、相互に密接な関係があることはご存知だったのでしょう。お腹の中の環境が悪くなってしまっていれば、皮膚にも乾癬のような症状が発生する事も多くなるのですね。

 

その方が着目したのは、アシドフィルス菌と呼ばれる乳酸菌です。インターネットで見つけたようなのですが、お腹の中の善玉菌を優勢にしてくれる働きが見込めます。それに着目をして、ある通信販売サイトでそれを購入したようなのですね。そして、かなり大きな効果が見られたようです。

 

乾癬が乳酸菌のサプリで改善された

 

その方の場合は、サプリを服用してみて数日くらいで効果が発揮されていたようですね。乾癬という症状の場合は、皮膚が赤みを帯びているのが特徴的です。上記の方も皮膚が赤くなってしまっていたのですが、それを服用してから数日ほど経過すると、少し皮膚の色が変わってきたように思ったようです。

 

それでその方は、試しに皮膚の状態を写真撮影してみたようなのですね。それで数日間使い続けて、効果の善し悪しを確認するためだそうです。
そして1週間ほど服用し続けてみた結果、やはり皮膚の色の状態は変わっていました。明らかに赤みの色が薄くなってきているので、乾癬の症状は治ってきている事が確認できたそうなのです。
ただし完治はしなかったようですね。それでも今まで利用した様々な方法に比べればかなり大きな効果があったので、とても喜んでいらっしゃいました。

 

つまりアシドフィルス菌を含むサプリメントは、皮膚の症状に対して効果を発揮してくれる事があるのですね。やはりお腹の中の環境が改善されていたのが、その原因だったのではないでしょうか。

続きを読む≫ 2015/07/09 15:26:09

菌類というのは、臭いに特徴があります。
そもそもバクテリア菌などは、その臭いが大変ですね。物が腐敗してしまうのは菌類が働きかけているからなのですが、もちろん腐敗しているものは臭いがかなりきついです。そして乳酸菌は、それと対照的な性質があるのです。

 

臭いがほぼゼロな菌類

 

そもそも乳酸菌というのは、無臭なのですね。乳酸菌に関連する商品を摂取しても、口から臭ってくる事はほぼ無いでしょう。無臭になっているからです。
ところが上記のバクテリア菌などの場合は、前述のように臭いがある訳です。朝起きた時には口の中の発酵状態になっている事も多いですが、それも全て口の中で生息している菌類の影響なのですね。その意味で乳酸菌というのは、他の菌類とはちょっと対照的な性質を持っている訳です。

 

臭いを良くしてくれる乳酸菌

 

それと乳酸菌には、臭い改善の働きもあります。以前に私は口の中に対する良い効果が見込める乳酸菌のサプリメントの口コミを読んだ事があるのですが、その1つに臭い改善がありました

 

歯ブラシをすると、ちょっと臭いが気になっている方がいらっしゃったのですね。ところがその方のサプリメントを用いたら、その臭いが改善されていたのです。むしろ口の臭いは、非常に良くなったのだそうです。
そして前述のバクテリア菌などの場合は、その逆の傾向があります。それらが口の中で生息をしているから、前述のように臭いがきつくなってしまう訳ですね。

 

またお通じの臭いに関する改善例もあります。ちょっとあまり上品ではない話ですが、腸内環境が悪くなっているとお通じから強い臭いが発せられている事もあります。しかしそれが乳酸菌で解消されている事例もあるのです。
このように「臭い改善」や「無臭」という理由で、乳酸菌は他の菌類とは少々異なるタイプと言えるでしょう。

続きを読む≫ 2015/06/28 02:21:28